この前、「キャリアプラン研修」 というのを受けてきました。これは自分のこれまでのキャリアを振り返って今一度、自分の適性を見たうえで長期的な計画を立てましょうと言うものです。自分の適性を見るうえで性格診断を何回かやる訳なんですが、これがなかなか面白かったです!そういえばぼくは性格診断みたいなものが結構好きで、ちょくちょく自己診断したりしています。

というわけで、この記事ではぼくが使ったことがある性格診断サイトとどんな診断結果が出てくるのかをご紹介します。

 

1.キャリア・アンカー

 キャリア・アンカーというのがまさにその研修で取り組んだものです。研修でやってみた結果が『(EC)起業家的独創性』だったので全く同じ結果になりました(そりゃそうだ、、)。問題数が40問なんで、これが一番取り組みやすくて妥当っぽい結果が出てくるような気がします。ぼくの診断結果の詳細は下です。

2.16Personalities

 これは何問だろう、、数えていないけど結構な数の質問が出ます。キャリア・アンカーと似ていますが、こっちのほうが診断結果が詳しいし、イラスト付きで可愛らしいです。ちなみに私の結果はこれ。論理学者って何??

 

3.エニアグラム

 これはエニアグラムといって、他のタイプとの相関が分かりやすいというものです。昔図書館で借りた本で読みましたが僕のタイプ『調べる人』が成長するにはもうちょっと積極的に人と関わることらしいです。なんか当たっている気がします、、、

4.リクナビネクストの適正診断

  • 独創性
 「人と同じではつまらない」あなたはいつもそう考えています。あなたはオリジナリティにこだわりをもち、仕事でもプライベートでも自身が納得できるかを重視します。あなたは、常識にとらわれず広い分野から情報を収集し、興味がある題材が見つかると自分だったらどうするか必ず考えるなど、自身の独創性をより高める努力をし続けます。
周囲の人はあなたのユニークな発想に魅力を感じ、次にあなたが創り出すものを楽しみに待っています。
  • 挑戦心
 あなたは理想を追い求めます。常に自身で高い目標を設定し、その目標を達成することにやりがいを感じます。簡単に達成できるような目標や、挑戦しがいのない目標にはあまり興味がありません。成長したいと強く願うあなたは、人から見れば高すぎると思われるレベルの目標に挑戦し、成果を出してこそ達成感や喜びが得られるのです。
どんな場所でも、まず最初にあなたの出した「成果」が注目されるでしょう。その後、徐々に成果の裏にある挑戦する「姿勢」や目標達成に向けた「努力」に対しても、賞賛や支持の声が贈られるようになります。
  • 親密性
 あなたは、常に謙虚な気持ちを持って人と接しています。内面についても話せる深い信頼関係を築くことを望んでおり、交際範囲を大きく広げることにはあまり興味がありません。
相手との距離感が重要と考えるあなたは、知り合って間がない相手に対してまずは適度な距離を置いて接し、互いにとって心地よい距離を探りながら丁寧に信頼関係を構築していきます。「控え目・礼儀正しい」など、評価されることも多いでしょう。
多くの人が集まる場ではおとなしく見られることが多いあなたですが、深い信頼関係を構築できた相手とは互いの思いや内に秘めたパワーをしっかりと理解しあえているはずです。
  • 自立
 あなたは、何事も自力でやっていこうとする心構えを持っており、常に主体的に行動することができます。また、対立を恐れず、どんな相手に対しても臆せず自分の意見を伝えることができます。自身の軸がしっかりとしており、周囲の意見や状況に簡単に左右されることがありません。
主体的に行動できる人は限られます。解決のために費やせる時間が限られたり、困難な課題に直面するなど難易度が高いほど、あなたの力が必要とされ、周囲から頼りにされることでしょう。
  • 冷静沈着
 あなたはいつも気持ちが安定しています。周りが盛り上がっているときにひとり冷静であることを楽しむ、そんな余裕もあるでしょう。
自分の感情を一定の状態に保つことができる人は多くないため、集団の中であなたの落ち着いた態度は際立ちます。周りの人は、あなたと過ごす時間が長くなるほど、常にものごとを冷静にとらえることができるあなたの発言や判断を信頼するようになっていきます。中には、あなたのそばにいると自分も穏やかでいられると感じる人もいるでしょう。

 結構前に友人に教えてもらいました。登録すればできます。これはちょっと長いんで根気が入ります。流石に自分のいいところだけを教えてくれるので、いい気分になります。ぼくって沈着冷静かなぁ?

 

5.職業適性テスト(後日追記)

 これも友人に教えてもらいました.ブラウザを閉じると消えてしまうので,メモを残しておきます.

思想家 - 知性で問題を深く分析する力に優れます

自分が興味を持ったことに対して、論理的な説明を与えようとし、抽象的で理論的なことを好みます。人と交わることよりも新たな知識を獲得することを求めます。冷静で我慢強く、柔軟で寛容な性格ですが、その類まれな能力は研究に向いています。問題を分析するため、懐疑的な態度を取ることが多く、辛辣で情け容赦ない態度となって現れることもあります。

INTP的性格の有名人: アルベルト·アインシュタイン(物理学者)

注意: この性格診断は生まれつきの傾向を見つけ出すテストです。右利きか左利きかの判定と同じく、グラフに示されたパーセンテージは対立する性格のどちら寄りかを判定するものです。したがって、例えば内向性が80%でも60%でも大きな違いはありません。パーセンテージを無視して、自分がどちら寄りかを見て下さい。また、それぞれの指標に優劣はありません。どちら寄りの性格であるか理解することで、長所を延ばし、短所を補うのに役立ててください。

内向性 I vs 外向性 E - あなたの注意をどこに向けるか、どこからエネルギーを受け取るかを示しています。

あなたは 内向的 の性格傾向です。つまり 外部の変化が自分にどう影響するかを意識します: 精神力を心の中に注ぎ、自分の心の成長、考え方、アイデア、感情などに注意を払います。一人で考えたり、読書することを好む傾向があります。

正反対の性格は 外向的 の人です。つまり 自分が外部にどう影響を与えるかを意識します: 外の世界と他者とのコミュニケーションに精神力を注ぎ、パーティーや討論、おしゃべりを好む傾向があります。

直感 N vs 感覚 S - 周囲の世界からの情報を何を基準にして受け取るかを示しています。

あなたは 直感重視 の性格傾向です。つまり 抽象的な理論や原理を好み、物事の全体像や変化の趨勢に注意を払います: インスピレーションや想像力、独創性を尊重し、暗示や比喩、関連性と可能性、推理や予測を好みます。

正反対の性格は 感覚重視 の人です。つまり 感覚によってとらえられる具体的な情報を重視します: 見たり聞いたり、嗅ぎ取ったりできる五感の情報にたより、細部に注意を払います。はっきりと思い描くこと、既に習得した技能を駆使することを好みます。

思考 T vs 感情 F - 何に基づいて決定を下すかを示しています。

あなたは 思考重視 の性格傾向です。つまり 物事の論理的関係性を重視し、客観的な分析に基づいて評価、決定します: 理性的、客観的かつ公平である一方、原則を守ることが柔軟であるよりも大切だと考えています。

正反対の性格は 感情重視 の人です。つまり 自他がどのように感じるかを最も重視し、価値観や調和を評価の基準とします: 共感性があり、優しく、友好的で思いやりがある一方、常に自分の行動が他人の感情に与える影響を考えてしまいます。

知覚 P vs 判断 J - どのように人生設計をするかを示しています。

あなたは 知覚重視 の性格傾向です。つまりできるだけ多くの情報を集めて判断を下そうとします: 理解し順応するため、過程を重視し、状況が変化する度に目標を変更します。生活の中にいつも予測できない事態のための余地を残し、自由で余裕のある生活を好みますが、それが乱れを生むこともあります。

正反対の性格は 判断重視 の人です。つまり 結果を導くため、決断することを好みます: 計画を立ててそれを遂行し、思い描いた結果が得られることを期待します。結果を重視し、生活の中でも一つひとつ順序だった展開を望むため、時間を常に重視します

 

 

さいごに

 性格診断はまじめにやると結構時間がかかりますが、己を知るという意味でとてもよいツールなんじゃないかと思います。ぼく自身も、こんな風に客観的に自分を見つめなおす材料として使っています。もしよろしければお手すきの際に、といった感じですね~。

 

 

コメント