統合開発環境とかエディタとか色々ありますよね.

C++だったらVisual Studio Community,JavaならばEclipseなどの定番があります.が,最近良く使うPythonの場合は定番があるようで無いような気がします.

そんなんなので色々浮気をしたりしてしまうわけです.

そしてどのエディタも一長一短があるので「これが最高!」というのが無いようにも思えます.

 

この記事では今まで使ったエディタの比較をして,今後はどれを使おうか決めたいと思います.

 

エディタ 良いところ 悪いところ
Spyder
  • Anacondaをインストールすると最初から入っている
  • わりかし高機能
  • UIやコンソールが使いやすい
  • 最近コード補完が使えるようになったのでプログラミングがしやすい
  • 全体的にトラブルが少ないように思える
  • デバッガやコード補完などがオールインワン
  • デバックがやりやすい
  • 色合いがあまり格好良くない
  • 背景を黒くしても全体的に格好良くない(個人的な趣味ですが)
PyCharm
  • デバッガやコード補完などがオールインワン
  • UIがカッコいい
  • コード補完がある
  • ちょこっと何かを触ったら謎のエラーが出る(Printの下に赤線が出るとか)
  • なにかトラブったときに修正するには2~3時間かかる
  • いちいちプロジェクトを作るのが個人的に好きではない

Visual Studio code

  • UIがカッコいい!!(PyCharmほどではない)
  • デバックがやりやすい
  • オールインワンというわけではないが一通り揃っていて,不足分もアドオンできる
  • 動きが軽い!
  • OpneCVを使おうとすると謎のバグが起きる
  • 全体的にトラブルが多い.そして復帰の仕方が調べてもわかりにくい
Atom
  • UIがまあまあカッコいい(PyCharmほどではない)
  • 全体的にトラブルが少ないような気がする
  • とにかくデバックがやりづらい
  • やや重い気がする

 

PyCharmとAtomは致命的なデメリットがあるので一旦はVisual studio Codeを使おうかと思います.

コメント