新型コロナウィルスによる感染拡大防止の為の在宅勤務が約1ヶ月続いています.自宅にいる時間が長いので椅子を変えたり,ディスプレイを大きいものに変えようか検討中です.

こんなときにふと思うのが,こんな感じで世界が変わったのであれば流行る産業と廃れる産業があるのでは?ということ.多くの職場では在宅勤務を推奨しているのであれば,家にいる時間が長くなる.ならば家具をより良いものにしようとか,大きな部屋に引っ越そうとか起きるのかもしれませんね.(引っ越しは感染のリスクがありますけどね..)

先日,私が契約している保険屋さんから担当の方が変わったということで,ご挨拶をしたいという電話をいただきました.面と向かい合って話すと感染のリスクがるのでSkypeで良いですよ,とこちらから提案したものの,「うちはSkypeをつないでないんですよ」という返答をいただきました.まぁ,顧客情報を扱っている会社は簡単にSkypeとか導入できないよなぁとか思いつつ,時代遅れを感じました.セキュリティを担保しつつ,通信を行える技術やサービスを開発すればビジネスチャンスになるのでは?とか思ってしまいました.(といってもSkypeとかZoomとかで十分な気もしますが・・)

そこの保険屋もいつまでもハザード地帯に社員を送り込むなんてことはしないでしょうから,Skypeとかよりよい方法を検討するはず.そんなスピード感も改善されるのではないかと期待したりしています.