毎日ブログ、今日は面白記事から。

 

昼休みにこんな記事を読みました。

nikkan-spa.jp

学歴マウントってまだあるんですね・・。

先日京都大卒の武田塾の講師がマウントを取っていたことについて言及したばかりです。

shu10038.weblog.to

こういうマウントを取るのって、競争化社会の一面だと思います。競争化社会は資本主義から来るんだとすると、資本主義の負の側面ですよね。

だからと言って共産主義にもなりたくないと言いたいところですが、今一番勢いがある国である国は共産主義なんですよね。まあ厳密には一部資本主義を取り入れた共産主義という感じでしょうか。

 

私もうっかりマウントを取っちゃったりすることがあります。そう、うっかり。マウントを取れれることにウンザリして、私と距離を置くようになった人は何人かいると思います。年齢を重ねるうちに、マウントになりそうな話題を避けて、出来るだけマウントを取らないように気を付けています。もちろんマウントを取られることもあります。

 

マウントを取る人って、自分の幸福度が薄いという事なんですよね。私も昔は幸福度が薄かったので、しょぼい自分が浮かばれるようにマウントを取っちゃったこともあります。

年を重ねるにつれて自分にとっての幸福がなんとなく分かってきたので、マウントを取らずに済んでます。(でもマウントを取られるとむかつきます)

 

なんだかとりとめのない文章ですがそんな感じです。